評判良い!ビジネスマンに人気のココマイスターのブライドル名刺入れ

4.5
スポンサーリンク
ブライドル名刺入れココマイスター

こんにちは。『新時代の財布』編集部です。

今回は、本革ブランド『ココマイスター』を代表する名刺入れの『ブライドル名刺入れ』の紹介です。ベーシックで機能性の高い新時代の名刺入れになります。

ブライドル名刺入れ

ブライドル名刺入れ

ブラックモスグリーンロイヤルブラウン
ブライドル名刺入れブライドル名刺入れブライドル名刺入れ
ダークネイビーヘーゼルロンドンキャメルスイスレッド
ブライドル名刺入れブライドル名刺入れブライドル名刺入れブライドル名刺入れ
値段15,000円(税込)
ブラック・モスグリーン・ロイヤルブラウン・ダークネイビー・スイスレッド・ヘーゼル・ロンドンキャメル
外寸縦7.5㎝×横11㎝×厚さ1.5㎝(日本製)
開いたときの縦幅15.2㎝
ポケット名刺入れ/フリーポケット×2
素材本体:ブライドルレザー、内装:欧州産ヌメ革
重さ41g

ブライドルレザーが使われている名刺入れ『ブライドル名刺入れ』!名刺入れの原型!というくらい、人気のあるベーシックなデザインです。

ブライドル名刺入れ

ブライドルシリーズは、その昔馬具として使われていた革素材です。馬具として採用されるからには、強靭ですし頑丈ですし重厚感があります。ちょっとやそっちょでは壊れません。

長い期間使うことが可能で、持ち主の使い方で様々な表情に変化していくエイジングを楽しめるのが最大の特長です。

ココマイスター公式通販サイトでブライドル名刺入れを見る

口コミ評判

名刺入れを買う時のポイントは、口コミ評判を見ること。使いやすさがわかるからね。ココマイスター創業当初からあるブライドルシリーズの中でも人気の高いアイテムなので、たくさんのユーザーが評判をネットにあげています。そのリアルユーザーの本音の口コミを紹介します。

男性:50代(滋賀県)プレゼント5.0

今回は、息子の就職祝いとして購入させていただきました。ココマイスターの商品は、高品質でしっかりとした作りから、長く安心して使用することができるので購入を決めました。特に、今回のブライドルは、表面のブライドルレザーと内装のヌメ革の色や質感の変化を楽しみながら、長く大切に使ってくれたらいいなと思い購入しました。今回の購入に関しては、色々と迷ったのですが、息子も大変喜んでおり、良い就職祝いができ、とても満足しています。(公式通販サイトより)

男性:50代(岡山県)プレゼント5.0

今回は、4商品目の購入になります。ココマイスターのブライドルレザーは初めてになりますが、さすが、良い革だと思います。今回は、子供にプレゼントでしたが、自分用にもブライドルレザーの商品を購入したいと思います。ペイペイ払い等の決済が出来たら良いと思います。(公式通販サイトより)

男性:50代(長野県)私用5.0

コードバンの名刺入れが欲しいのですが、取り急ぎこちらを購入しました。普段使いには十分満足しています。予約注文出来るよう希望します。梱包がしっかりしていてプレゼント用にも検討したいと思います。(公式通販サイトより)

オンライン上で商品を購入する方向けの情報。↓以下↓
・配送→素早い。・包装→とても丁寧。・スタッフの対応→不明。・店舗の感想→不明。
*店舗での購入経験がないため、スタッフの対応や店舗の感想は省きます。
私は、ブライドル名刺入れ(黒)を購入しました。購入後は、長年重宝する名刺入れとなっております。また、今後ともブライドル名刺入れの経年変化を楽しんでおります!!商品の包装から配送まで完璧です。また、商品そのものも良質で大変素晴らしいです。(公式通販サイトより)

購入して3年が経ちました。毎日使用するというわけではありませんが、綺麗な状態が保たれています。既に革が馴染んでいるので経年変化も楽しめます。縫い方も綺麗なため糸のほつれもなく良い状態です。そもそもがハードに使用するものではないですが、ブライドルの所有欲は満たしてくれます。先方との名刺交換の際にも話題に上がる時があります。迷っている方は一度手にしてみてはいかがでしょうか。質の良さが伺えると思います。(公式通販サイトより)男性:40代:東京都

自分史上最高作です。全てにおいて完璧!梱包が丁寧で感動しました。プレゼント用でもとても喜ばれると思います。(公式通販サイトより)男性:40代:埼玉県

評判まとめ

評判を見てみると、ブライドルレザーのクオリティの高さが好評で、財布に合わせて同じレザー、カラーで購入する人も多いようですし、長い期間、愛用している人も多いようですね。名刺の取り出しやすさも好評!女性がプレゼントで購入するケースも多いようです。

こちらの記事では、ココマイスターの人気の名刺入れの評判を調べてみました。リアルユーザーの声は参考になるのでぜひご覧ください。

ディティール

ブライドル名刺入れ

熟練技を持つ日本人の職人が、見事なまでのクオリティーで創り上げています。それに、使っているうちに馴染んできて経年変化を楽しむ事ができます。それではディティールを紹介します。

名刺入れポケット

ブライドル名刺入れ

名刺入れポケットは、開いた中央のポケットになります。中央のポケットはマチがあるので、それなりの数の名刺を入れる事ができます。(40枚は入るでしょうね。)

一度に40枚以上の名刺が無くなることは無いと思いますので、十分な量入れられます。(YouTuberは一度に40枚以上無くなる可能性はあります!)

フリーポケットは2つ

ブライドル名刺入れ

フリーポケットは2つあります。マチが無いので、沢山のカード類を入れることはできませんが、予備的なクレジットカードや、お札を1枚程度折り畳んで入れておくことも可能です。

また、これがフリーポケットのメインの使い方になると思いますが、交換した取引先の人の名刺を入れておくことも可能!アイデア次第で様々な使い方ができます。

厚さは1.5㎝

ブライドル名刺入れ

厚さは1.5㎝あります。名刺入れとしては一般的な厚さになりますね。丁度いい厚さですね。厚すぎず、薄すぎずで手に収まるサイズ感!

長さ

ブライドル名刺入れ

ブライドル名刺入れ
長さは縦が7.5㎝、横が11㎝です。一般的な名刺入れの長さなので、スーツのポケットに収まりがいいですよ!

ココマイスター公式通販サイトでブライドル名刺入れを見る

カラー

ブラックモスグリーンロイヤルブラウン
ブライドル名刺入れブライドル名刺入れブライドル名刺入れ
ダークネイビーヘーゼルロンドンキャメルスイスレッド
ブライドル名刺入れブライドル名刺入れブライドル名刺入れブライドル名刺入れ

ブライドルカラー
『ブライドル名刺入れ』のカラーは

  • ブラック
  • モスグリーン
  • ロイヤルブラウン
  • ダークネイビー
  • ヘーゼル
  • ロンドンキャメル
  • スイスレッド

の7色展開。

ブライドルらしい深みのあるカラーを採用しているから、商品としての付加価値が高くなっていますし、メンズが仕事の時に持つのに抵抗なく持てるカラーばかりです。

また、スイスレッドは、男性が自分では買いづらいカラーですが、男性へのプレゼントで選ぶ女性も多く、父の日や、彼氏への誕生日プレゼントやハレの日のお祝いのギフトとしても選ばれています。

こちらの記事では、上司や同僚の昇進・栄転祝いにプレゼントするのに、おすすめの名刺入れ22個紹介してみました。喜んで貰える名刺入れなのでぜひご覧ください。

サイズ

ブライドル名刺入れ

値段15,000円(税込)
ブラック・モスグリーン・ロイヤルブラウン・ダークネイビー・スイスレッド・ヘーゼル・ロンドンキャメル
外寸縦7.5㎝×横11㎝×厚さ1.5㎝(日本製)
開いたときの縦幅15.2㎝
ポケット名刺入れ/フリーポケット×2
素材本体:ブライドルレザー、内装:欧州産ヌメ革
重さ41g

ブライドル名刺入れのサイズは、通常の名刺入れのサイズ感になります。

横の長さが7.5㎝ありますが、この長さはスーツのジャケットの内ポケットに入れた時に、スッポリ入るサイズ感です。気軽に持ち運べるのが良いですよね。

鞄の中でも、ジャケットの内ポケットの中でも邪魔にならずに入れて持ち運べます。厚みは1.5㎝になり、一般的な名刺入れの厚さなので、問題なく使いこなせます。

エイジング

ブライドル名刺入れ

ブライドルレザーは強固で丈夫な皮革なので、長い間使うことができ、使っているうちに経年変化してきます。その変化はオーナーの使い方次第でいかようにも変わっていくので、そのオリジナル感を育てていくことが、ブライドルレザーの名刺入れを楽しむということ!

革を鞣すときに手作業でロウを染み込ませているので、使っている時の摩擦で自然と革の表面が磨かれて、深みのある光沢がでてきます。購入当初は固いですが、使っていると柔らかく馴染んでくる変化も楽しめます。

ココマイスターのブライドルレザーは使えば使うほど光沢が増す!

ブライドルレザーの手入れ方法

手入れ

ブライドルレザーのお手入れ方法を解説します。高いお金を出して購入したので、しっかりと手入れをして長く愛用したいです。

まず、購入当初は革の表面にロウが出てくるので、綺麗な布で乾拭きして汚れを落とすだけでOKです。

しばらく経過して、名刺入れの表面にかさつきが出てきたら、皮革用クリームで油分を補給しましょう。その時もクリームの量は米粒1粒の量で十分!それを薄く延ばして表面に染み込ませていきます

また、ブライドルレザーはタンニン鞣し革なので水に弱いです。雨の日など水に濡れないように注意しましょう。

もし濡れてしまったら、日陰で十分に乾かしてから、クリームを塗ってケアしましょう。
おすすめクリームは『コロニル シュプリームクリーム』です。

ブライドルレザーとは

ブライドルレザー

ブライドルレザーとは、牛の革を鞣した後、染色して数か月間ロウを染み込ませて作られている皮革になります。もともとの発祥は馬具用の皮革として生産されていたので硬い素材になるんです。手作業によって染み込ませているロウのおかげで繊維が引き締まり、皮革の耐久性を高めてくれます。完成した時に表面に『ブルーム』と呼ばれる白いロウが浮き出てくるのが特長です。このロウが磨かれて無くなると、名刺入れの表面に独特の光沢が産まれてきます。

使い込めば使い込む程に持ち主独特の艶を醸し出します。長い期間をかけて変化を楽しむのが、最高級の名刺入れをもつ醍醐味なんです。

ブライドルの素材の特長でもあるのですが、質感は堅牢さを感じる質感になります。ココマイスターで使用されているブライドルレザーは、ショルダー部分の皮革なのですが、牛革の中で最も硬いのがショルダー部分!

ですので、ブライドル名刺入れに触れるたびに、堅さを感じながら使うという名刺入れになります。馬具用品に適している素材なので、皮革自体は非常に硬いです。その上、革独自の『クセ』があるので、素人では扱えない素材になります。購入当初が一番硬いと思います

でも、毎日、毎日使っていると革製品は馴染んできて、柔らかくなります。自分の使い方のとおりに柔らかくなるから、愛着が湧いてくるんですよね~。これがブライドルの経年変化を楽しむっていう醍醐味なんですよ。

まとめ

  • ベーシックで機能的なブライドル名刺入れ
  • 評判
  • ベーシックデザインで素材の高級感がより伝わる
  • カラーは全部で7色(ブラック・ロイヤルブラウン・モスグリーン・ダークネイビー・ヘーゼル・スイスレッド・ロンドンキャメル)
  • エイジングはオーナーの個性が出るのが魅力

今回はココマイスターのブライドルシリーズでも、人気の名刺入れ『ブライドル名刺入れ』について詳しく解説してみました。

財布と合わせればカッコよさを演出できますし、機能性も優れています。全世代の男性におすすめできるので、この新時代の名刺入れを使って仕事を成功させましょう。

ココマイスター公式通販サイトでブライドル名刺入れを見る

タイトルとURLをコピーしました