コードバンのV字マチ長財布【コードバンクラシック・ソードダンサー】

コードバンクラシック・ソードダンサー ココマイスター

こんにちは。『新時代の財布』編集部です。

日本製の本革アイテムを扱っている人気ブランド『ココマイスター』のコードバンシリーズに新登場したコードバンクラシック!
その中でも薄型タイプでスマートなかっこよさがあるのが、V字マチタイプの『コードバンクラシック・ソードダンサー』です。
今回は最高級の長財布を紹介します。

コードバンクラシック・ソードダンサー
コードバンクラシック・ソードダンサー
値段64,200円(税込)
クラシックブラック・クラシックボルドー

コードバンクラシック・ソードダンサーのディティール

コードバンクラシック・ソードダンサー全体像

コードバンクラシック・ソードダンサーのディティールを紹介します。
外観の見た目は、ベーシックですし、V字マチタイプの普通のメンズの長財布とかわりません。ですので、好き嫌いなく持てる外観となっています。

このソードダンサーの注目すべきポイントは、なんと言っても『V字マチ』!下記にも書きましたが、薄い長財布には定番の仕様で、厚みがでないようにコバを作ってあるので、V字になっています。

厚くて小銭でゴツゴツしている長財布は、かっこわるいからね。スマートなかっこよさでいきましょう~。

コードバンクラシック・ソードダンサー

スタイリッシュに持てるような仕様になっているのでカードポケットが14個あるのは嬉しい!クレジットカードやキャッシュカード、ポイントカードなどカードはたくさんあるから、何個ポケットがあっても足りないような人でも14個もあれば十分だと思います。

コードバンクラシック・ソードダンサー

薄い長財布の仕様になっているので、小銭入れも膨らんでゴツゴツしません。ここが一番の特長!職人技が輝いています。
また、コードバンは購入当初は硬いので、カードが取り出しづらいかもしれませんが、使うほどに柔らかくなっていくので、根気よく使ってあげましょう。可愛い子ほど手がかかるんです(笑)

コードバンクラシック・ソードダンサーのV字マチ

V字マチタイプの長財布の最大の見所!『コバ』!上の画像をよく見て下さい!V字になっているでしょ!薄さを追求した『コバ』の仕様になっているんですね。

職人の技術力が端的に表現される部分です。コードバンクラシック・ソードダンサーを製造している職人は高い技術力があるので、魅了される程のキレイな仕上がりになっています。
玄人受けする部分でもあるんですよね。

コードバンクラシック・ソードダンサー

小銭入れのジップの引き手にはロゴが加工されています。細かい部分までもこだわりがあり、海外ブランドを含めたその他のブランドの差別化になっていますし、完成度の高さがわかるポイントでもあります。

コードバンクラシック・ソードダンサーの仕様

お札も小銭もカードも十分に収めることができる容量となっています。

外寸縦9.4cm×横19cm×厚さ2.1cm
開いたときのマチ19.6cm
ポケット カードポケット×14 フリーポケット×2 札入れ×1 ファスナー付き小銭入れ×1
素材ロウ引きコードバン、内装アマンデルレザー
重さ151g

コードバンクラシック・ソードダンサーのカラー

コードバンクラシック・ソードダンサーのクラシックブラック
コードバンクラシック・ソードダンサーのクラシックボルドー

コードバンクラシック・ソードダンサーのカラーは全部で2色。

  • クラシックブラック
  • クラシックボルドー

というラインナップになっています。

この2色は、ココマイスターに限らず多くのブランドのコードバンの財布では定番カラーとなっているカラーで、コードバンの本革の染色の良さや光沢を十分に見て感じることができるカラーです。スーツにも合うカラーなので、サラリーマンの人なら誰でも持ちやすいと思います。

コードバンクラシック・ソードダンサーの素材

今回、このV字マチ長財布の『コードバンクラシック・ソードダンサー』に採用されているのは、日本製の最高級のコードバンになります。コードバンは、本革素材としての生産量自体が世界的に見ても少ない上に、日本製となるとさらに少なく、入手するのが非常に困難です。(馬が成長するのには時間がかかりますからね)

最高級の本革アイテムを製造・販売している『ココマイスター』だからこそ、タンナーも優先的に降ろしてくれています。生産者と製造者の信頼関係があるからこそ、世に送り出すことができたコードバン長財布になります。

このソードダンサーは、コードバンをロウ仕上げしているので、使えば使うほどロウにより素材が磨かれ、光沢を増していきますし、コードバンの素材自体も柔らかく手に馴染み、しっくりとくる質感へと経年変化していきます。

光沢感でラクジュアリー感を感じることができるし、洗練された手触りを感じることができる長財布は、最高級が似合う男にこそ、使いこなしてほしいですね。

コードバンクラシック・ソードダンサーのアマンデルレザー

また、内装には、ベルギー産の最高級『アマンデルレザー』を、今回は採用しています。
ベルギーの老舗タンナーから輸入し、内装の素材として使っているわけですが、外観の高級感のレベルを落とすことのないこの素材は、おしゃれな見た目を演出してくれますし、使い込んでも痛みにくい特長があります。

他人には見られない内装にまで、こだわりをもち製造されていることがわかりますね。

コードバンクラシック・ソードダンサーの口コミ・評判

では、コードバンクラシック・ソードダンサーを実際に買って手に取ってみた人の口コミ・評判を載せてみます。

男性:40代(埼玉県)私用★★★★★

数あるブランドの財布をみましたがしっくりするものを見つけられませんでした。たまたまネットでみつけたココマイスターのコードバンソードフィッシュがシンプルで高級感がありそうなので、直接銀座一丁目の店舗まで見に行きました。手に取った瞬間これだと思い、即決。手にピタッと来る重厚感は素晴らしく、固めの革も好印象でした。長く使用した時の革の変化も楽しみで、末長く使用していきたいと思います。

公式サイトより
男性:50代(千葉県)私用★★★★★

以前購入させていただいたコードバンの小銭入れが今とてもそれに合わせ購入しました。
蝋が馴染み艶が出てくるにはもう少しかかると思いますが、それが楽しみです。

公式サイトより
男性:50代(三重県)私用★★★★★

店頭の方がとても対応が良かった。今までホーウィンコードバンが良いと信じ切って使ってきました。自分でネットで購入していたら、きっと、また判断ミスをしてたと思います。とりとめのない話を聞いて下さり、アドバイスしてもらったので自分に合ったシリーズを選べました。
コードバンは経年変化、水やキズへの懸念でオイルにするか水染めにするかロウにするか、選択が大変難しく、心配でしたが、店頭購入で大正解でした。今後は店頭購入しますが、やはり店員さん次第になるのかな。

公式サイトより

まとめ

今回はコードバンクラシック・ソードダンサーについて詳しく解説してみました。

購入した人の口コミ・評判も良いいですし、素材自体がカッコイイですし、スーツで決める時には、是非とも持ちたいV字マチ長財布になりますね。おすすめです。

タイトルとURLをコピーしました