評判良い!コードバンおすすめ名刺入れ【コードバンクラシック・コマンド】

5.0
スポンサーリンク
コードバンクラシック・コマンドココマイスター

こんにちは。『新時代の財布』編集部です。

大人気本革ブランド『ココマイスター』のコードバンシリーズに新登場したコードバンクラシック!

その中でも最上級に位置づけられる名刺入れが『コードバンクラシック・コマンド』です。

今回はその最高級の名刺入れを紹介します。かっこいいですよ。

コードバンクラシック・コマンド

コードバンクラシック・コマンド

値段27,800円(税込)
クラシックブラック・クラシックボルドー

画像からも判断できますが、『コードバンクラシック・コマンド』は、見た目がベーシックで落ち着いた雰囲気の名刺入れになります。

クラシックという名前だけあって、コードバンの素材の良さが際立っていますね。

落ち着いたシンプルなタイプの名刺入れは、メンズがビジネスのシーンで好印象になれるアイテムになります。それが名刺入れ『コードバンクラシック・コマンド』。

職人の丁寧な仕事が、手に取るように感じる事ができる日本製の名刺入れですね。

素材は外側に日本製の至高の『コードバン』を使用。内側にはベルギー産『アマンデルレザー』を使用しているので、コードバンと合わせてラグジュアリー感も半端ない名刺入れです。

また、名刺入れもしっかり入る仕様になっているので、機能面でも問題なく使えます。

名刺入れ【コードバンクラシック・コマンド】の評判ってどうなの?

ココマイスターの名刺入れの『コードバンクラシック・コマンド』の評判・口コミを紹介します。購入したユーザーの評価って一番気になるし、正直な感想が書かれていますからね。

男性:30代(北海道)私用5.0

仕事用の財布と名刺入れは今までなんとなく同じメーカーで揃えるマイルールがあったのと、コードバンを使いたかったので、同じコードバンクラシックシリーズの財布と一緒に購入しました。
色合いが落ち着いていて手触りが良いです。アマンデルレザーの色合いは少しグレーがかっている珍しい色味です。
最初の紹介写真よりも拡大写真の方が実物に近い色味なのです。ロウが残っているのも良いのですがブライドルレザーを知らない人から見ると驚かれるのでロウを馴染ませてから職場に持ち込む予定です。(公式サイトより)

男性:50代(京都府)プレゼント5.0

キングフィッシャーとセットで購入しました。シンプルなデザインで使いやすいと思います。財布同様日常的に使用するので、コードバンの色合いやツヤ、質感がどのように変化してくれるかとても楽しみです。名刺だけではなく各種カードも入るので、キングフィッシャーと用途を分けて上手に使って行きたいと思います。内部の皮の種類や色もキングフィッシャーと一緒ですので。トータルでも使いやすく、今から使用場面を想像して楽しんでいます。(公式サイトより)

男性:50代(宮城県)私用5.0

以前使っていたコードバンの名刺入れが少しくたびれてきたので,今回ココマイスターの商品を購入することにしました。購入にあたり、いろいろな種類をみて検討しました。最終的に作る人の商品へのこだわり,デザイン、機能性などを総合的に判断するとこれ以上のものは見当たりませんでした。実際,届いた商品をみても、自分の一生ものとして大事に使えるものだと実感しました。これから,毎日使えると思うと、仕事にもさらに張り合いが出てくるような気がしています。(公式サイトより)

『コードバンクラシック・コマンド』の評判を見てみると、見た目と使いやすそうなデザインが良い、という声が多いです。
男性も仕事が面白く楽しくなってくると、それなりに『いい名刺入れ』が必要になってくるので、そのようなユーザーに需要がありますね。

プレゼントで購入するユーザーも多いです。

クリスマスプレゼントに名刺入れ厳選19選【20代の男性におすすめ】
20代の男性へのクリスマスプレゼントに相応しい名刺入れを厳選して19アイテム紹介。20代の男性は流行に敏感なので、各ブランドの中でも流行を取り入れているアイテムを紹介しました。名刺入れは仕事で使う必需品なので新時代に似合う良い物を贈りましょう。

名刺入れ【コードバンクラシック・コマンド】のディティール

コードバンクラシック・コマンドのディティール
コードバンクラシック・コマンドのディティール
コードバンクラシック・コマンドのディティールを紹介します。

外観の見た目は、上記の画像からわかるように、どこにでもある普通のメンズの名刺入れと変わりありません。

そのため、好き嫌いなく持てる外観となっています。名刺入れを使うポイントは、取引先の担当者と初めて会う場面ですから、普通であることが好まれますよね。

名刺入れ【コードバンクラシック・コマンド】の名刺入れポケット

コードバンクラシック・コマンドの名刺入れ部分
このスウィープの注目すべきポイントは『収納の良さ!』。最大でも50枚の名刺入れが収まるのが良いところ!マチがしっかり作られているので型崩れしませんし、その良さを存分に発揮した作りになっています。

50枚の名刺を入れても、スタイリッシュに持てるような仕様になっていますが、天然素材のコードバンは硬いので、購入当初はポケットから名刺が取り出しづらいと思います。

使うほどに素材が馴染んで柔らかくなっていくので、根気よく使い続けましょう。可愛い子ほど手がかかるんです(笑)

名刺入れ【コードバンクラシック・コマンド】のフリーポケット

コードバンクラシック・コマンドのフリーポケット
コードバンクラシック・コマンドの名刺入れの長所のフリーポケット!2つ付いています。

2枚目・3枚目のクレジットカードを入れたり、忘れないように書いておいたメモやその他のカードを入れておくことができます。

このポケットの使い方次第で限られた収納をより効果的に使うことが可能ですが、使い方って、ホント持ち主の人間性が出る部分ですよね。

私の場合は、秘密の手紙とか、お守りとか、お札を小さく折って入れたりしています。彼女や奥さんに見られるとマズいカードを入れておきましょう(笑)

名刺入れ【コードバンクラシック・コマンド】のマチ

コードバンクラシック・コマンドのマチ
マチがしっかりと丈夫に作られています。職人の手作業による製造なのですが、細部に至るまで繊細さがありますね。ステッチがキレイ!職人の匠の技を体感できるんです。

細かい部分までこだわりをもって製造してあるのが、他のブランドとの差別化になっていますし、完成度の高さがわかるんです!!

名刺入れ【コードバンクラシック・コマンド】の刻印

コードバンクラシック・コマンドの刻印
『ココマイスター』のアイテムの中でも、特別な逸品に付けられる刻印が押されています。

ブランドイメージ・名刺入れのイメージを損ねることのないかっこいい刻印ですね。

評判良い!名刺入れ【カヴァレオ・バルア】おすすめ!
おすすめの名刺入れを紹介します。それは本革ブランド『ココマイスター』の『カヴァレオ・バルア』。最高級のシアギレザーを使った名刺入れは自分の分身の名刺を入れるのに相応しいアイテムです。自分を売り込むのに、仕事を上手くいかせるために『カヴァレオ・バルア』を使いましょう。

名刺入れ【コードバンクラシック・コマンド】の側面

コードバンクラシック・コマンドの側面
名刺入れは、ある程度の厚みがあり、それが特徴とも言えますが、コードバンクラシック・コマンドの厚さは1.5cmで、通常の名刺入れよりは薄いですね。
このくらいの厚みは名刺入れなら当然と言えば当然!想定の範囲内。(笑)

名刺入れ【コードバンクラシック・コマンド】のサイズ

コードバンクラシック・コマンドのサイズ

外寸縦7.5cm×横11cm×厚さ1.5cm
開いたときのマチ15.4cm
ポケット
  • 名刺入れ×1
  • フリーポケット×2
素材ロウ引きコードバン、内装アマンデルレザー
重さ40g

コードバンクラシック・コマンドのカラー

クラシックブラッククラシックボルドー

コードバンクラシック・コマンドのクラシックブラック

コードバンクラシック・コマンドのクラシックボルドー

コードバンクラシック・コマンドのカラーは全部で2色。

  • クラシックブラック
  • クラシックボルドー

というラインナップになっています。

この2色は、コードバンの財布では定番カラーとなっているカラーで、コードバンの本革の染色の良さや光沢を十分に見て感じることができるカラーです。
ポケットに入れて使っていると、4隅が擦れてくるのですが、色の経年変化を楽しむことができます。

コードバンクラシック・コマンドの素材

コードバンクラシックの素材

名刺入れ『コードバンクラシック・コマンド』に使われているのは、日本製の最高級のコードバンになります。

現状、コードバンの本革素材は、生産量自体が世界的にみても少なく、その上日本製となるとさらに少量生産でしかなく、入手するのが非常に困難です。(馬が成長するのには時間がかかりますからね)

最高級の本革アイテムを製造・販売している『ココマイスター』だからこそ、信頼関係を築いているタンナーに優先的に卸してもらっているのです。

生産者と製造者の信頼関係があり、世に送り出すことができたコードバン名刺入れ『コードバンクラシック・コマンド』になります。

このスウィープは、コードバンをロウ仕上げしているので、使えば使うほどロウにより素材が磨かれ、光沢を増していきます。

さらに、コードバンの素材自体も柔らかく手に馴染み、しっくりとくる質感へと経年変化していきます。(最初は本当に硬いんですよね)

光沢感でラクジュアリー感を演出でき、洗練された手触りを感じることができる名刺入れ!

しかもカジュアルに使えるから、ハイクラスが似合う男にこそ、使いこなしてほしいですね。

アマンデルレザー

また、内装には、ベルギー産の最高級『アマンデルレザー』を、今回は採用しています。

ベルギーの老舗タンナーから輸入し、内装の素材として使っているわけですが、外観の高級感のレベルを落とすことのないこの素材は、おしゃれな見た目を演出してくれますし、使い込んでも痛みにくい特長があります。

他人には見られない内装にまで、こだわりをもち製造されていることがわかりますね。

【コードバンクラシック・コマンド】の手入れ方法

皮革の手入れ

そもそもコードバンは非常に強固な皮革です。購入当初はその硬さから『使いづらい・・・』と感じるかもしれません。
しかし、使い続けていると柔らかく馴染んで色合いや風合いなどが個性的になってきます。

購入当初は表面が白くなっていますが、ロウを吹き付けている為に発生するコードバン特有の現象です。
このロウは、そのまま使用しても問題ありません。
気になる場合は柔らかい布で表面を優しく磨いていき、革にロウをなじませていきます。ロウが革に馴染めば、独特の光沢感を生み出し、高級感を演出します。

普段の手入れは、乾いたやわらかい布でホコリを落とします。このとき力を入れてゴシゴシとするのではなく、優しくなでるようにして拭きとります。
このような方法で手入れをしていけば、良い状態で長い期間使うことができ、個性的なエイジング(経年変化)をしていきますよ。

まとめ

今回は日本製の『コードバン』を用いて製造されている名刺入れ『コードバンクラシック・コマンド』の

  • 名刺入れポケット、フリーポケットなどのディティール
  • 27,800円という値段
  • 2色クラシックブラック・クラシックボルドーのカラー
  • コードバンクラシック・コマンドのサイズ

を紹介しました。

次に新しい名刺入れを買うなら、シックさとお洒落さに拘った『コードバンクラシック・コマンド』で決まりですね!

お洒落な大人の男に似合うメンズの最高の逸品の名刺入れをもって、仕事を頑張りましょう。

タイトルとURLをコピーしました