コードバン×オークバークの名刺入れコードバンクルー・アルビオン

5.0
スポンサーリンク
コードバンクルー・アルビオンクリスマスプレゼント

こんにちは。『新時代の財布』編集部です。

今回は『ココマイスター(cocomeister)』に新登場したシリーズ『コードバンクルーシリーズ』から名刺入れの『コードバンクルー・アルビオン』を紹介。

最高級コードバンレザーを使い内装にオークバークレザーを使ったオリジナリティ溢れるカッコいい名刺入れになります。

コードバンクルー・アルビオン
コードバンクルー・アルビオン
カーメンシークインブルーバーニングホットアップルグリーン
コードバンクルー・アルビオンコードバンクルー・アルビオンコードバンクルー・アルビオンコードバンクルー・アルビオン
値段38,000円(税込)送料無料
カーメン/シークインブルー/バーニングホット/アップルグリーン
外寸縦7㎝×横11.3㎝×厚さ1.8㎝(日本製)
開いたときの縦幅14.5㎝
ポケット名刺入れ×1/フリーポケット×2
素材本体:コードバンレザー、内装:オークバーク・ヌメ革・コードバン
重さ45g

コードバンクルー・アルビオン

シェルコードバンにオイルをたっぷり染み込ませたコードバンレザーは、艶が美しく、発色も非常に綺麗です。外装にコードバンを使い、内装にオークバークレザーを使ったオリジナリティ溢れる名刺入れは、クラシックスタイルのロマン溢れるデザインとなっています。

コードバンクルー・アルビオン

ベーシックデザインが使いやすい名刺入れは機能性が抜群!手に持ちやすく馴染むので、名刺交換の僅かな時間も特別な時間になること間違いありません。

「先輩、良い名刺入れ持っていますね!」って商談が終わった後、後輩に言われるかもね。

評判良い!

コードバンクルー・アルビオン

最高級というけれど、ホントのところはどうなの?ただカッコ良いだけでは人気がでません。実際に使ってみて、『使える』アイテムでないと人気は出ないんです。買う前に1番気になる口コミと評判を紹介します。女性でも自分用に購入する人がいらっしゃいます。

男性:40代(埼玉県)私用5.0

妻にもらったココマイスターのブライドルレザーの名刺入れをなくし、臨時で別のものをつかっていたのですが、やっぱりここの名刺入れが欲しくて見にきました。いつもながらお店の方が色々と出してくれて、悩んでいたところまだ店頭に並んでいないこちらの名刺入れを出してくれました。前も茶系で今回も茶系でいくつもりでしたが、それよりさらに明るいバーニングホット、中は薄茶とバーニングホットのラインが見えるセンスの良さに惹かれてこれに決めました。革の作りはさすが出し入れしやすく、薄いのに剛性も高そう。明るいけど派手すぎず目を惹く色合いがテンション上がります。バーニングホットというのもまさに自分の内面を表しているようで最高の相棒になりそうです。(公式サイトより)

女性:20代私用 5.0

横に広い造りになっているので、名刺がマチ部にあたらず、スッキリピッタリ入れることができて、出し入れもしやすいです。内装のコードバンの差し色は開くたび、気分が上がります。コードバンらしい輝きはそのままでも十分楽しめますが、自然光に当てるときれいな色がさらに楽しめます。外で使用することはあまりないですが、たまに太陽の光に当てて眺めたら仕事へのモチベーションがあがりそうです。今後のそれぞれの変化も楽しみです。(公式サイトより)

こちらの記事では、ココマイスターの名刺入れの評判と口コミを集めてみました。ぜひご覧くださ

ディティール解説

コードバンクルー・アルビオン

ディティールを一つずつ紹介していきたいと思います。名刺入れのディティールはどのようになっているのか詳しく紹介します。

手に持ちやすいし、ポケットや鞄にも入れやすいので、名刺交換もしやすい優れ物です。

名刺入れ×1

コードバンクルー・アルビオン

コードバンクルー・アルビオン

注目すべきポイントは『収納の良さ!』。最大でも50枚の名刺入れが収まるのが良いところ!マチがしっかり作られているので型崩れしませんし、その良さを存分に発揮した作りになっています。

50枚の名刺を入れても、スタイリッシュに持てるような仕様になっていますが、天然素材のコードバンは硬いので、購入当初はポケットから名刺が取り出しづらいと思います。

使うほどに素材が馴染んで柔らかくなっていくので根気よく使い続けましょう。可愛い子ほど手がかかるんです(笑)

内側にもコードバンをワンポイントで使っているから、ファッション性にも拘っているのがわかりますね。

フリーポケット×2

コードバンクルー・アルビオン コードバンクルー・アルビオン コードバンクルー・アルビオンの長所のフリーポケット!2つ付いています。2枚目・3枚目のクレジットカードを入れたり、忘れないように書いておいたメモやその他のカードを入れておくことができます。

このポケットの使い方次第で限られた収納をより効果的に使うことが可能ですが、使い方ってホント持ち主の人間性が出る部分ですよね。

私の場合は、秘密の手紙とか、お守りとか、お札を小さく折って入れたりしています。彼女や奥さんに見られるとマズいカードを入れておきましょう(笑)

厚み1.8㎝

コードバンクルー・アルビオン

厚みは1.8㎝。名刺入れとしては普通の厚みです。ジャケットのポケットに入れやすく、出しやすい厚さ。名刺交換の時にサッと取り出せますね。

コバ

コードバンクルー・アルビオン

コバ処理は職人が丁寧に仕上げてあるので綺麗!こういう細かい場所にハイクラスの高級感が出ているんですね。

ココマイスターのコバ処理:革の切れ端を薬品で引き締め、磨くという工程を何回か繰り返す。レザーを乾燥させる必要があるため手間がかかるが、自然な仕上がりになる。職人の技術力の差が出る部分でもある。

こちらの記事では、コードバンの名刺入れ『チェスボード・ルーク』を紹介してみました。市松模様がお洒落な名刺入れなので、ぜひご覧ください!

カラー

カーメンシークインブルー
コードバンクルー・アルビオンコードバンクルー・アルビオン
バーニングホットアップルグリーン
コードバンクルー・アルビオンコードバンクルー・アルビオン

コードバンクルーカラー

カラーは4色で

  • カーメン
  • シークインブルー
  • バーニングホット
  • アップルグリーン

です。

コードバンの革製品は落ち着いた色が多いのが通常ですが、コードバンクルーは発色が綺麗なのが特長。このような明るめのカラーの革製品は周りの男性も持っていないと思いますので、他人に差を付けれる名刺入れですね。

でもどの色にしようか、ホント!迷います!

こちらの記事では、他人とかぶらない本革名刺入れを厳選して紹介してみました。ぜひご覧ください。

サイズ

コードバンクルー・アルビオン

コードバンクルー・アルビオン

外寸縦7㎝×横11.3㎝×厚さ1.8㎝(日本製)
開いたときの縦幅14.5㎝
ポケット名刺入れ×1/フリーポケット×2
素材本体:コードバンレザー、内装:オークバーク・ヌメ革・コードバン
重さ45g

『コードバンクルー・アルビオン』のサイズ感ですが、ジャケットの内ポケットにスッポリと入ります。ベーシックの名刺入れですからね。

厚さは1.8㎝と全くかさ張りません!! 重さ45gは軽く感じ、いたってベーシックな名刺入れのサイズ感ですね。

スーツのポケット、鞄の小さめのポケットに入れて置きましょう。

こちらの記事では、評判が良い人気の編み込み名刺入れ『マットーネ・オリヴェートカードケース』を紹介しました。ぜひご覧ください。

コードバン素材

コードバンクルーレザー

使われている『コードバンレザー』はシェルコードバンを使用!そこから100%植物タンニンで鞣した後にロウを革の深部にまで浸透させ、さらにオイルを浸透させました。

コードバンクルーはここから加工を加えます。ガゼイン加工(卵の白身の部分の成分を使用)、グレージング加工というツヤを上げていく仕上がりをしていきます。

そして瑪瑙(メノウ)石で革の表面を何度も滑らせて、表面を均一に平にしていく加工を施して、オイルをたっぷり染み込ませているオイルコードバンが完成します。

シェルコードバンよりも見た目が美しく、発色が良く、バランスが取れたレザーに仕上がっています。使えば使うほどに色が深まり艶が増す経年変化も、このコードバンレザーの特長で魅了されるポイントです。

水には弱くシミになりやすいので雨の日の使用はご注意を!

手入れ方法

手入れ

購入当初はメンテナンスは特に必要ありません。毎日使うことで表面のロウにより磨かれます。
普段の手入れは乾いたやわらかい布でホコリを落とします。このとき力を入れてゴシゴシとするのではなく、優しくなでるようにして拭きとります。

このような方法なら良い状態で長い期間使うことができ個性的なエイジング(経年変化)をしていきますよ。

1年ほど使いロウが無くなり、乾燥してきたなと感じたら、革専用のクリームを少量塗り込みましょう。おすすめは『コロニル・シュプリームクリーム』です。防水スプレーも使うことが可能になります。

こちらの記事では、革製品を磨くためのおすすめブラシを紹介してみました。ぜひご覧ください!

オークバークレザーとは

オークバークレザー

オークバークレザーとは、イギリスのオークの木の樹皮を使い牛革が鞣され生産されているレザーです。

オークの木を伐採後、乾燥させ細かく砕いた後、皮の原皮とミルフィーユ状に重ね、オークの木の樹皮から出るタンニンにより、時間をかけてタンニン鞣しを行います。この樹皮から出たタンニンの色味が、そのまま革に移り天然かつ魅力的な色へと変貌していきます。

しかし、生産にはコストが非常にかかるので、作られる数量が限られており、昔から生産していたタンナーもオークバークレザーの生産を止めようと考えていたところを、ココマイスターのバイヤーが生産を依頼し取り扱うことで、生産を止めることなく今日まで至っているのです。紀元前からの伝統が守れたってことなんですね!

その功績が評価され、英国王室へ製品を謹呈する事が出来ました。第2代ケント公爵エドワード王子へ、英国タンナーの中で最も芸術的な革製品として、ココマイスターのオークバーク・ウェスターリーが謹呈されたんです!

レザーの生産量は極めて少ないのに、内側にもオークバークレザーが使われているので、希少価値がある革製品となっています。

オークバークの日本語訳は『オークの樹皮』になり、その名の通りにオークの樹皮を使って牛革を鞣して生産されています。つまり、牛革と牛革の間にオークの樹皮を挟み、濃いタンニンの成分に浸すという工程を繰り返して、このレザーは生産されています。
*『オークの木』自体はブナ科コナラ属になります。

こちらの記事では、オークバークレザーを使ったハイセンスな名刺入れ『オークバーク・マークスベリー』を紹介してみました。ぜひご覧ください!

まとめ

今回はコードバンシリーズの名刺入れ『コードバンクルー・アルビオン』の

  • 名刺入れポケット、フリーポケットなどのディティール
  • 38,000円という値段
  • 4色(カーメン/シークインブルー/バーニングホット/アップルグリーン)のカラー
  • コードバンレザーの皮革
  • 手入れ方法

を紹介しました。

新時代のコードバン×オークバークレザーの名刺入れを買うなら『コードバンクルー・アルビオン』で決まりですね。コンパクトに持ち運べるのでハイクラスが似合う男性に相応しい!

新時代の名刺入れをもって仕事を頑張りましょう。

タイトルとURLをコピーしました