評判良い!オークバーク・パッチウェイはおすすめ小銭入れ

5.0
スポンサーリンク
オークバーク パッチウェイクリスマスプレゼント

こんにちは。『新時代の財布』編集部です。

革製品ブランド『ココマイスター』のオークバークシリーズから小銭入れの『オークバーク・パッチウェイ』を紹介します。オークの木を使って鞣されているレザーの質感とデザインがうまくマッチしており、ミニ財布としても使えますね。

オークバーク・パッチウェイ

オークバーク パッチウェイ

チャコールウッドウッドバーンオークネイビーワインバレル
オークバーク パッチウェイオークバーク パッチウェイオークバーク パッチウェイオークバーク パッチウェイ
イングリッシュオークⅡオイルブラウンⅡブラックリーフⅡオイルブラウンブラックリーフ
オークバーク パッチウェイオークバーク パッチウェイオークバーク パッチウェイオークバーク パッチウェイオークバーク パッチウェイ
値段32,000円(税込)送料無料
チャコールウッド・ウッドバーン・オークネイビー・ワインバレル・イングリッシュオークⅡ・オイルブラウンⅡ・ブラックリーフⅡ・オイルブラウン・ブラックリーフ
外寸縦7.3㎝×横11.5㎝×厚さ1.9㎝(日本製)
開いた時のマチ幅10㎝
ポケットコインポケット×1/カードポケット×2/マチ付きフリーポケット×2
素材本体:オークバーク、内装:オークバーク・ヌメ革
重さ75g

ココマイスターのオークバークシリーズに使われているレザーは『オークバーク』と呼ばれています。紀元前から伝わっているレザーで、その生産には365日と1日という時間がかけられています。(つまり一年と1日)

この日数は、オークバークの木を保護するという観点から、イギリスでは鉄の掟として、古くから守られてきており、現代においてもその伝統を守りながら生産されています。

オークバーク パッチウェイ

そのオークバークレザーを使い製造されている『オークバーク・バットクーム』は、見た目がシックでヴィンテージ感満載ですし、お洒落感も満載です。満載だらけ(笑)

スーツでもカジュアルテイストの服装の時にも持つことができる優れものです。見た目からもわかるんですが、ヴィンテージ感が半端ない!だからヴィンテージ好きにはこういうテイストの小銭入れってたまらないですね。絶対買いたくなってきます!

オークバーク パッチウェイ

長財布にはお札・カードを入れて、小銭入れには小銭を入れるというように、2つ同時に持って使い分けながら使うというのもおすすめ。

それに、思いのほか、たくさん入れることができるので、2番めの財布としても使うことが可能です。お札を2・3枚入れて、小銭も少々、ポイントカードとかも2枚ほど入れれば、ミニ財布として使えますよね。

ちょっとそこのコンビニにビールを買いに行くときに、スマホと『オークバーク・パッチウェイ』だけを持って買い物にいけます。そんな使い方もおすすめですよ~~。

オークバーク パッチウェイ

使い始める前は、内側にもブルームが付いているので、そのまま使いながらブルームで磨いていくのも良いし、ブラシで擦って光沢を出してから使い始めるのもおすすめです。

ブルームは使い始めればすぐに取れるから、お金についたり手についたりするのも、ほんの最初の時期だけなので気にしないで使いましょう。スーツについて汚れるのがイヤは場合は、ブラシで磨いてブルームを無くしてから使いましょう。

評判良い!

オークバーク パッチウェイ

小銭入れっていうのは使い勝手が本当に気になります。使いやすいから、また欲しくなるし、口コミで広まっていき人気が出ますしね。

オークバーク・パッチウェイの口コミ評判を調べてみました。人気のある小銭入れだから口コミも高評価が多いです。

男性:30代(神奈川県)私用5.0

革の質感が独特でとてもよかったです。今から使い込むのが楽しみです。また、作りがしっかりとしているのもうれしいポイントです。丁寧な梱包がとてもよかったです。(公式サイトより)

男性:20代(大阪府)私用5.0

実際に使ってみて、表情の変化に驚いています。最初は木の年輪のような模様がありましたが、使っていくうちに、深みのある濃い色に変化していき、自分と共に過ごしている実感が湧き、とても愛着を感じています。裁縫や中の刻印など、細かいところまで非常に丁寧に作られており、安心して使うことができています。職人さんの熱意や思いが外装、内装ともに現れていて値段に見合う価値のある品物だと思っています。他の人にもココマイスターの商品をおすすめしたいと思えるものです。(公式サイトより)

男性:40代(北海道)私用5.0

長財布買ったばかりですが、小銭入れも欲しくなり購入しました。丈夫そうで気軽に使えそうです。(公式サイトより)

男性:40代プレゼント5.0

家族のプレゼント用に購入しました。小銭入れが欲しかった様でかなり喜んでもらいました。対応も、商品の扱いもとても丁寧で、継続して利用しています。梱包、対応、とても良いです。プレゼント時はメッセージカードやプレゼント用の袋もあり、とても助かります。(公式サイトより)

革もチャックも丈夫に作られており、長持ちしそう。男性:20代東京都(公式サイトより)

初めて自由が丘の店舗に行きました。道路沿いにあるかと思い込んでいたら、階段を少し上がったところにヨーロッパの街のような街区が。素敵な街で水も流れていてイタリアかどこかの雰囲気に驚きました。革製品について初心者の私にも丁寧に色々と教えて下さいました。同じ形で悩んでいるとバックヤードから次々にサンプルを出してくれて、最終的に20以上の商品を見せていただき、優柔不断な私もお気に入りの品に出会う事が出来ました、ありがとうございました。(公式サイトより)

評判まとめ

リアルユーザーの評判を見てみると、クオリティに感動している人が多いですね。以前に違うアイテムを購入して気に入ったので、改めて購入するリピーターも多いようです。ミニ財布として使う人もいらっしゃいますし、プレゼントで購入する人も多いです。

オークバークレザーのクオリティや見た目、使用感に満足しているユーザーが多いという事ですね!

ディティール

オークバーク パッチウェイ

小銭入れを持つ時に気になるのが収納です。

  • 小銭はどのくらい入るのか?
  • カードは入るのか?
  • お札も入るのか?

といったような疑問があります。

いくらカッコいい日本製の小銭入れと言えども、収納できなければ意味がありません。カードの収納も大切です。今の時代はカードの収納力のほうが、キャッシュの収納に比べて優先順位が高いかもしれませんね。

コインポケット×1

オークバーク パッチウェイ

中央のポケットに小銭を入れていますが、小銭の量が多い時は中央のポケットだけに入れると、ボコボコに膨らんでしまいます(経験済み)ので、その時はフリーポケットに小銭を入れましょう。

カードポケット×2

オークバーク パッチウェイ

オークバーク パッチウェイ

カードポケットは左右にありマチが無いので複数枚入りません。大事なクレジットカードなどは入れないで、財布に入らない無くしてもよいポイントカードなどを入れておきましょう。

マチ付きフリーポケット×2

オークバーク パッチウェイ

クレジットカード・Suica・PASMO・各種ポイントカードなど入れることが可能ですし、小銭も入れられます。ちなみに、お札はしっかり折り目をつけて3つ折りにすれば入ります。

こちらの記事では、ココマイスターの小銭入れをランキング形式で紹介してみました。上質な小銭入れが揃っているのでぜひご覧ください!

厚さ

オークバーク パッチウェイ

厚さは1.9㎝と通常の小銭入れの厚さです。各種ポケットにはすんなり入りますし、手にも持ちやすいですね。

ファスナー

オークバーク パッチウェイ

オークバーク パッチウェイ

ラウンドジップ小銭入れなのでファスナーで開閉します。摘まみやすい取手もオークバークレザー!YKKのファスナーなので使い続けていても引っかかることはありません。ファスナーのクオリティは重要です!

ロゴ

オークバーク・パッチウェイ

オークバークシリーズオリジナルのロゴも入っていてカッコいい!

サイズ

オークバーク パッチウェイ

外寸縦7.3㎝×横11.5㎝×厚さ1.9㎝(日本製)
開いた時のマチ幅10㎝
ポケットコインポケット×1/カードポケット×2/マチ付きフリーポケット×2
素材本体:オークバーク、内装:オークバーク・ヌメ革
重さ75g

サイズ感ですが、ジャケットのポケットに入れても大丈夫ですし、手の平に収まるサイズ感ですね。厚さは1.9㎝で平均的な小銭入れの厚さ!! 重さ75gだから重さも気にならないと思います。(小銭が沢山入っていると多少は重いですが)

ランチに行くときはポケットに入れて行きましょう。ボディバッグに入るので休日の日はボディバッグに入れてお出かけしましょう。開いた時のマチ幅10㎝で中身がよく見えて取り出しやすいですし、小銭を落とす心配もありません!

カラーは9色

チャコールウッドウッドバーンオークネイビーワインバレル
オークバーク パッチウェイオークバーク パッチウェイオークバーク パッチウェイオークバーク パッチウェイ
イングリッシュオークⅡオイルブラウンⅡブラックリーフⅡオイルブラウンブラックリーフ
オークバーク パッチウェイオークバーク パッチウェイオークバーク パッチウェイオークバーク パッチウェイオークバーク パッチウェイ

オークバーク パッチウェイ

カラーは全部で9色

  • チャコールウッド
  • ウッドバーン
  • オークネイビー
  • ワインバレル
  • イングリッシュオークⅡ
  • オイルブラウンⅡ
  • ブラックリーフⅡ
  • オイルブラウン
  • ブラックリーフ

になります。

おすすめ3色は

  1. オークバークから染み出た色でオークバークならではの色味の『イングリッシュオークⅡ』
  2. オイルをより多く含ませることで色味を濃くした『オイルブラウン』
  3. 特別な染色技術により生まれたシックな『ブラックリーフ』

になります!

こちらの記事では、内装にオークバークレザーを使った評判が良いラウンド小銭入れ『グッドオールド・スタンダードミニジップ』を紹介してみました。ぜひご覧ください!

オークバークレザーとは

オークバーク・ブリストル

オークバークレザーとは、イギリスのオークの木の樹皮を使い牛革が鞣され生産されているレザーです。

オークの木を伐採後、乾燥させ細かく砕いた後、皮の原皮とミルフィーユ状に重ね、オークの木の樹皮から出るタンニンにより時間をかけてタンニン鞣しを行います。この樹皮から出たタンニンの色味が、そのまま革に移り天然かつ魅力的な色へと変貌していきます。

しかし、生産にはコストが非常にかかるので作られる数量が限られており、昔から生産していたタンナーもオークバークレザーの生産を止めようと考えていたところ、ココマイスターのバイヤーが生産を依頼し取り扱うことで、生産を止めることなく今日まで至っているのです。紀元前からの伝統が守れたってことなんですね!

その功績が評価され、英国王室へ製品を謹呈する事が出来ました。第2代ケント公爵エドワード王子へ、英国タンナーの中で最も芸術的な革製品として、ココマイスターのオークバークがが謹呈されました!

レザーの生産量は極めて少ないのに、内側にもオークバークレザーが使われているので、希少価値がある革製品となっています。

オークバークの日本語訳は『オークの樹皮』になり、その名の通りにオークの樹皮を使って牛革を鞣して生産されています。つまり、牛革と牛革の間にオークの樹皮を挟み、濃いタンニンの成分に浸すという工程を繰り返して、このレザーは生産されています。*『オークの木』自体はブナ科コナラ属になります。

経年変化

オークバーク パッチウェイ

オークバークレザーは経年変化も楽しめます。長く使い続ければ自分なりの経年変化をしていきますし、世界で唯一の小銭入れに経年変化します。

殆どの人がポケットに入れて使うと思うんですが、そうすると四隅に一番最初に『あたり』が出てきますし、一番経年変化する場所でもあります。その変化が人それぞれで、その人の使い方というか、性格っていうのがそのまんま表れる場所でもあるんです。

そうなれば、愛着が湧きすぎて、もう手放せなくなること間違いありません!新しいアイテムを買う気持ちも起きないかも。

その為には手入れをしっかりして使うことをおすすめします。

手入れ方法

コロニルシュプリームクリーム

オークバークレザーのお手入れ方法を解説します。高いお金を出して購入したので、しっかりと手入れをして長く愛用したいですよね。

まず、購入当初は革の表面にブルームと呼ばれるロウが出ているので、綺麗な布で乾拭きして汚れを落とすだけでOKです。ロウが無くなるまでクリームなどを使う必要はありません。

ロウが無くなってきたらケア専用の『コロニル シュプリームクリーム』を2週間に1回程度塗るといいでしょう。(1回の使用量は米粒1粒程度の量)

革製品専用の『防水スプレー』でコーティングすると汚れが付きにくくなります。

使用前は端でバッチテストすることをお忘れなく。

まとめ

今回はイギリス産の伝統ある製法で生産されているオークバークレザーを使った小銭入れ『オークバーク・パッチウェイ』の

  • 評判
  • ディティール
  • 価格
  • チャコールウッド・ウッドバーン・オークネイビー・ワインバレル・イングリッシュオークⅡ・オイルブラウンⅡ・ブラックリーフⅡ・オイルブラウン・ブラックリーフのカラー
  • オークバークレザー
  • 経年変化
  • 手入れ方法

について詳しく解説してみました。

見た目も上品な小銭入れは機能性も優れていて、ミニ財布としても使えます!ハイクラスが似合う男性におすすめなので、この新時代の小銭入れを使いこなしましょう!

タイトルとURLをコピーしました