評判良い!ラウンドジップ長財布 オークバーク・ブリストルを紹介

5.0
スポンサーリンク
オークバーク・ブリストル7万円以上

こんにちは。『新時代の財布』編集部です。

革製品ブランド『ココマイスターの財布』のオークバークシリーズからラウンドジップ長財布といえばこの『オークバーク・ブリストル』になります。

オークの木を使って鞣されている素材とラウンドジップのデザインがうまくマッチしていますね。

オークバーク・ブリストル
オークバーク・ブリストル
チャコールウッドウッドバーンオークネイビーワインバレル
オークバーク・ブリストルオークバーク・ブリストルオークバーク・ブリストルオークバーク・ブリストル
イングリッシュオークⅡブラックリーフⅡオイルブラウンⅡオイルブラウン
オークバーク・ブリストルオークバーク・ブリストルオークバーク・ブリストルオークバーク・ブリストル
値段73,000円(税込)送料無料
チャコールウッド・ウッドバーン・オークネイビー・ワインバレル・イングリッシュオークⅡ・ブラックリーフⅡ・オイルブラウンⅡ・オイルブラウン
外寸縦10cm×横19.1cm×厚さ2.3cm(日本製)
開いた時の横幅11.5cm
ポケット札入れ×2/ファスナー付き小銭入れ×1/カードポケット×8/フリーポケット×2
素材本体:オークバーク、内装:オークバーク・ヌメ革
重さ190g

オークバーク・ブリストル

ココマイスターのオークバークシリーズに使われているレザーは『オークバーク』と呼ばれています。紀元前から伝わっているレザーで、その生産には365日と1日という時間がかけられています。(つまり一年と1日)

この日数は、オークバークの木を保護するという観点から、イギリスでは鉄の掟として、古くから守られてきており、現代においてもその伝統を守りながら生産されています。

オークバーク・ブリストル

そのオークバークレザーを使い製造されている『オークバーク・ブリストル』は、見た目がシックでヴィンテージ感満載ですし、お洒落感も満載です。満載だらけ(笑)

ビジネスマンがスーツの時に使いこなしていると『決まり』ますね!

もちろんヴィンテージ感満載なので、カジュアルテイストの服装の時にも持つことができる優れものです。

見た目からもわかるんですが、ヴィンテージ感が半端ないです。ヴィンテージ好きにはこういうテイストの長財布ってたまらないですね。絶対買いたくなってきます!

評判良い!

オークバークブリストル

人気があるだけに口コミ評判はどうなのでしょうか?リアルユーザーの口コミ評判を調べてみました。購入前の参考にどうぞ!

男性:40代私用4.0

オークバークの背景に惹かれキーケースに続いてロングジップウォレットを購入させてもらいました。やはり革の質感が素晴らしく作りも間違いなかったです。これからエイジングを楽しみたいと思います。オンラインでも安心して購入できました。過去数回オンラインストアで利用しましたが、安心して購入できました。いつも丁寧な対応と梱包ありがとうございます。(公式通販サイトより)

男性:60代(山形県)私用5.0

ココマイスターの長財布は、ブライドルグランドウォレット、カヴァレオシンバを既に購入済みで、カヴァレオ・シンバは三つ目になります。所有してる長財布に不満はないのですが、オークバークレザーに興味があり、インタネット見れば見るほど欲しくなり我慢できなくなり購入しました。今までの革と違っていますが良い財布です。購入して良かったと思っています。メンテナンスをしっかり行って末永く使っていきたいと思っています。田舎に住んでいるため、実店舗にもなかなか行けないため、前回カヴァレオシンバを購入する際には、スタッフの方に電話相談をさせていただきました。今回は購入する財布の種類も色も自分自身で決めましたのでご相談をさせていただきませんでした。梱包は今回も十分満足のいくもので何も問題はありませんでした。もちろん配送も全く問題ありませんでした。商品を自宅配達ではなく、運用会社の営業店留めにできればもっといいのですが・・・。(公式通販サイトより)

男性:20代(栃木県)私用5.0

2017年に本製品を購入して、丸4年が経ちましたが、財布自身に味が出てきており、育ててよかったと思います。何より驚きなのが4年経った今でも、革の匂いが漂っており、気分が落ち込んだりした時に、お財布の匂いを嗅ぐと不思議にと落ち着いたりできるので今でもずっと愛用しています。この匂いが大好きすぎて、今後新たに購入しようと考えた時は、真っ先にココマイスター!だとなると思います。職人さんの愛情が私の心を掴んで下さった初恋のような商品になりました。(公式通販サイトより)

派手でなく、目立ちすぎず、自己主張し過ぎない、しかし品位というか品格がある財布を求めてこちらを選択しました。約3年使っていますが、飽きることはなく、また大きな破損もなく使っていました、、、が、つい先日、ファスナーの持ち手の革の部分が取れてしまいました。果たして、このまま取れたまま使い続けるか、修理に出して直してもらうか、新しい財布を購入するか、もしくは自分で何か取り付けして使いやすくするか、最近の悩みです。(公式サイトより)

ココマイスターの製品は、ブライドル名刺入れ、コードバングランドウォレット、そして今回のオークバーク・ブリストルの財布で三つ目になりました。所有してるコードバングランドウォレットの財布も2-3年使用し、味が出てきたのでもったいないかともお思いましたが、英国の伝統・鉄の掟がとても気に入り、自分にとっては贅沢なものだと思いますが、自らの努力へのご褒美として購入させていただきました。メンテナンスをしっかり行って末永く使っていきたいと思っています。いつも丁寧な梱包と迅速な発送ありがとうございます。
都心に住んでいるわけではないので、実店舗にもなかなか行くことはできませんが、購入時画面の詳細や、レビューがありとても助かります。こんなはずじゃなかったと言う事は全くないので、ブライドル名刺入れ、コードバングランドウォレット、そして今回のオークバーク・ブリストルの財布とリピーターになっています。梱包は今回も十分満足のいくもので何も問題はありませんでした。もちろん配送も全く問題ありませんでした。(公式サイトより)

評判まとめ

リアルユーザーの評価を見てみると、『年齢関係なく持てるから良い、想像以上に質感が良い、デザインが良くて使いやすい!ショップスタッフの対応が丁寧』等あり購入された方は皆さん満足のようです。

長財布として『使える!』っていうことですね!

オークバーク・ブリストルのディティール

オークバーク・ブリストル

ここからは『オークバーク・ブリストル』のディティールを一つずつ紹介していきたいと思います。重厚感があり、大容量ですし、小銭を沢山入れても膨らまない仕様になっています。内外共にオークバークレザーを使用しているので、たくさん使って経年変化を楽しみましょう。

札入れ×2

オークバーク・ブリストル

『オークバーク・ブリストル』の札入れは、財布を開いた左右に1つずつ合計2つあり、十分なサイズとマチをとってあります。沢山1万円札が入りますね。
私の場合は千円札がたくさんですけれど・・・。(笑)

小銭入れ

オークバーク・ブリストル

『オークバーク・ブリストル』の小銭入れは中央のファスナー付きポケットです。ラウンド長財布は、小銭を沢山入れても厚みが出ないような仕様になっていますが、厚くなるのがイヤな人は小銭入れを別に持つのもありですね。

こちらの記事では、同じオークバークレザーを使った小銭入れ『オークバーク・パッチウェイ』を紹介しました。評判が良くおすすめ小銭入れなのでぜひご覧ください!

カードポケット×8

オークバーク・ブリストル

『オークバーク・ブリストル』のカードポケットは、財布を開いた左右にそれぞれ4個あり、合計8個になります。これだけあれば、複数枚のクレジットカード、ポイントカード、免許証、社員証などを入れられます。

これから益々キャッシュレスの時代になっていきますから、今以上にクレカやポイントカードが増えると思います。だからカードポケットは最低8個くらい必要ですよね。

フリーポケット×2

オークバーク・ブリストル

オークバーク・ブリストル

『オークバーク・ブリストル』ののフリーポケットは、左右のカードポケットの裏側にそれぞれ1個あり、合計2個。領収書やギフト券、ちょっとしたメモ、レシートなどをしまえます。札入れ部分に入れずに、他の物とは分けて整理しながら使えるフリーポケットなんですね。

こちらの記事では、マットーネレザーを使った人気のラウンドジップ長財布『マットーネ・オーバーザウォレット』を紹介してみました。ぜひご覧ください。

ファスナー

オークバーク・ブリストル

ファスナーもラウンドジップ長財布の中では重要なディティールの一つ。だって財布をファスナーで開閉しますからね。

ファスナーの性能次第で財布のレベルが上がることもありますし、逆に下がることもありますから。
革製品と相性が良いYKKのファスナーは、ココマイスターのブランドイメージを壊さないようにマッチしています。当然、途中で引っかかることなくスムーズに開閉できます。

厚み2.3㎝

オークバーク・ブリストル

厚いのがラウンドジップ長財布の特長。オークバーク・ブリストルの厚さは2.3㎝と財布としてはそれなりにあります。

これだけ厚いので収納力は一番あるのがラウンド長財布。キャッシュやカード以外でも、レシートやメモ、領収書、本当に小さな小物などを閉まっておくことも可能なんです。

ロゴ

オークバーク・ブリストル

オークバークシリーズオリジナルのロゴも入っていてカッコいい!

オークバーク・ブリストルのカラー

チャコールウッドウッドバーンオークネイビーワインバレル
オークバーク・ブリストルオークバーク・ブリストルオークバーク・ブリストルオークバーク・ブリストル
イングリッシュオークⅡブラックリーフⅡオイルブラウンⅡオイルブラウン
オークバーク・ブリストルオークバーク・ブリストルオークバーク・ブリストルオークバーク・ブリストル

オークバーク・ブリストル

塗りこんであるオイルの量によって濃淡の色の違いをだしているんですね。

実際に手にとって見るとわかるのですが、思っている以上に革素材に染み込んでいる油の感触があります。オークの木から作られているので、もっと乾燥した手触りだと思っていたのですが全く違いました。この油の感じは、まさに『本革製品』っていう感触でGoodですね。
(・∀・)イイ!!

『チャコールウッド』は表面にブラックリーフを使い、内側にオイルブラウンを使っていて、その反対に、『ウッドバーン』は表面にオイルブラウン、内側にブラックリーフを使っています。

ブラックリーフが表面にくるチャコールウッドのほうが、よりフォーマル感がでるんですが、財布を開いてみるとブラウン系で柔らかい印象になるという優れた組み合わせ。黒系の財布ってメンズに人気があるからブラックリーフⅡはマジでおすすめです。

こちらの記事では、ブライドルレザーを使ったラウンドジップ長財布のロンドンブライドル・グラディアトゥール

サイズ

オークバーク・ブリストル

外寸縦10cm×横19.1cm×厚さ2.3cm(日本製)
開いた時の横幅11.5cm
ポケット札入れ×2/ファスナー付き小銭入れ×1/カードポケット×8/フリーポケット×2
素材本体:オークバーク、内装:オークバーク・ヌメ革
重さ190g

オークバーク・ブリストルのサイズは、通常のラウンドジップ長財布と同じサイズ感になります。
横の長さが19.1㎝ありますが、この長さはパンツのバックポケットに入れた時に、半分以上財布が飛び出る長さなので、落としてしまう可能性が高いです。

だから鞄に入れて管理することをおすすめします。

厚みは2.3㎝になり、ラウンドジップ長財布を使ったことがない人が持つと「厚いな!」と感じるかもしれませんが、長財布の中では薄い方なので使用しているうちに慣れてくるでしょう。手に持ちやすい厚さです。

オークバークレザーとは

オークバーク・ブリストル

オークバークレザーとは、イギリスのオークの木の樹皮を使い牛革が鞣され生産されているレザーです。
オークの木を伐採後、乾燥させ細かく砕いた後、皮の原皮とミルフィーユ状に重ね、オークの木の樹皮から出るタンニンにより、時間をかけてタンニン鞣しを行います。この樹皮から出たタンニンの色味が、そのまま革に移り天然かつ魅力的な色へと変貌していきます。

しかし、生産にはコストが非常にかかるので、作られる数量が限られており、昔から生産していたタンナーもオークバークレザーの生産を止めようと考えていたところを、ココマイスターのバイヤーが生産を依頼し取り扱うことで、生産を止めることなく今日まで至っているのです。紀元前からの伝統が守れたってことなんですね!

その功績が評価され、英国王室へ製品を謹呈する事が出来ました。第2代ケント公爵エドワード王子へ、英国タンナーの中で最も芸術的な革製品として、ココマイスターのオークバーク・ウェスターリーが謹呈されたんです!

レザーの生産量は極めて少ないのに、内側にもオークバークレザーが使われているので、希少価値がある革製品となっています。

こちらの記事では、評判が良いL字型ラウンド長財布の『グッドオールド・ラウンドジップコーナー』を紹介してみました。ぜひご覧ください!

経年変化

オークバーク・ブリストル

オークバークレザーは経年変化も楽しめます。

長く使い続ければ自分なりの経年変化をしていきますし、世界で唯一の編み込みのラウンドジップ長財布に経年変化します。そうなれば、愛着が湧きすぎて、もう手放せなくなること間違いありません。新しい財布を買う気持ちも起きないかも。

その為には手入れをしっかりして使うことをおすすめします。

手入れ方法

コロニルシュプリームクリーム

オークバークレザーのお手入れ方法を解説します。高いお金を出して購入したので、しっかりと手入れをして長く愛用したいですよね。

まず、購入当初は革の表面にロウが出ているので、綺麗な布で乾拭きして汚れを落とすだけでOKです。ロウが無くなるまでクリームなどを使う必要はありません。

ロウが無くなってきたらケア専用の『コロニル シュプリームクリーム』を2週間に1回程度塗るといいでしょう。(1回の使用量は米粒1粒程度の量)革製品専用の『防水スプレー』でコーティングすると汚れが付きにくくなります。

使用前は端でバッチテストすることをお忘れなく。

まとめ

今回はイギリス産の伝統ある製法で生産されているオークバークレザーを使ったラウンドジップ長財布『オークバーク・ブリストル』の

  • 評判
  • ディティール
  • 価格
  • チャコールウッド・ウッドバーン・オークネイビー・ワインバレル・イングリッシュオークⅡ・ブラックリーフⅡ・オイルブラウンⅡ・オイルブラウンのカラー
  • オークバークレザー
  • 経年変化
  • 手入れ方法

について詳しく解説してみました。

見た目も上品なラウンドジップ長財布は機能性も優れています。ハイクラスが似合う男性におすすめなので、この新時代のラウンドジップ長財布を使ってカッコつけましょう!

タイトルとURLをコピーしました