評判良い!イントレチャートキーケース【ザオークバーク・ヴァリアント】

5.0
スポンサーリンク
ザオークバーク・ヴァリアントクリスマスプレゼント

こんにちは。『新時代の財布』編集部です。

革製品ブランド『ココマイスター』のオークバークシリーズからキーケースの『ザオークバーク・ヴァリアント』を紹介します。オークの木を使って鞣されているレザーの質感とデザインがうまくマッチしているキーケースです。

ザオークバーク・ヴァリアント
ザオークバーク・ヴァリアント
ブラックリーフイングリッシュオークワインバレルオークネイビーオイルブラウン
ザオークバーク・ヴァリアントザオークバーク・ヴァリアントザオークバーク・ヴァリアントザオークバーク・ヴァリアントザオークバーク・ヴァリアント
値段46,000円(税込)送料無料
ブラックリーフ・イングリッシュオーク・ワインバレル・オークネイビー・オイルブラウン
外寸縦11.1㎝×横6.8㎝×厚さ2.4㎝(日本製)
開いた時のマチ幅19.7㎝
ポケットキーリング×5/カードポケット×2/フリーポケット×2
素材本体:オークバーク、内装:オークバーク・ヌメ革
重さ60g

ココマイスターのオークバークシリーズに使われているレザーは『オークバーク』と呼ばれています。紀元前から伝わっているレザーで、その生産には365日と1日という時間がかけられています。(つまり一年と1日)

ザオークバーク・ヴァリアント

この日数は、オークバークの木を保護するという観点から、イギリスでは鉄の掟として、古くから守られてきており、現代においてもその伝統を守りながら生産されています。

ザオークバーク・ヴァリアント

そのオークバークレザーを使い製造されている『ザオークバーク・ヴァリアント』は、イントレチャートの見た目がシックでヴィンテージ感満載ですし、お洒落感も満載です。満載だらけ(笑)だからヴィンテージ好きにはこういうテイストのキーケースってたまらないですね。絶対買いたくなってきます!スーツでもカジュアルテイストの服装の時にも持つことができる優れものです。

ザオークバーク・ヴァリアント

使い始める前は、内側にもブルームが付いているので、そのまま使いながらブルームで磨いていくのも良いし、ブラシで擦って光沢を出してから使い始めるのもおすすめです。

ブルームは使い始めればすぐに取れるから、手についたりするのも、ほんの最初の時期だけなので気にしないで使いましょう。スーツについて汚れるのがイヤは場合は、ブラシで磨いてブルームを無くしてから使いましょう。

評判良い!

ザオークバーク・ヴァリアント

キーケースていうのは使い勝手が本当に気になります。使いやすいから口コミで広まっていき人気が出ますしね。

ザオークバーク・ヴァリアントの口コミ評判を調べてみました。人気のあるキーケースだから評判も高評価が多いです。

男性:40代(神奈川県)私用5.0

思っていたよりも柔らかく、使うほどに手になじんできます。圧倒的な存在感と高級感が素晴らしいです。購入後、間もなく1年が経とうとしていますが、少しずつ変化がみられるようになり、楽しんでいます。毎日使用するものなので、手にするたびに、特別感と喜びを感じています。休日には、ちょっと手入れしてみようかなという気持ちになり、クリームをつけてせっせと磨いています。アプリケーションブラシも購入してみようかと検討中です。(公式サイトより)

男性:50代(大阪府)私用5.0

キーケースは既に2個、ココマイスターのものを使用していました。とても質感も使い勝手も良かったので、一つは母にプレゼントして、もう一つは子供にプレゼントしました。この織り革タイプは以前から欲しかったものでしたので、自分へのご褒美として購入したものです。届いて開けてみて、質感にとても満足しています。経年変化が楽しみな色ですので大切にしていこうと思います。実はこの質感がとても気に入ったので、コインケースを同色で買っちゃいました。これも届くのが楽しみです。ブルーの似たタイプのものをココマイスターさんで購入していて、使っておりました。長財布と同色で、とても洒落た感じで気に入って使い分けしてました。ちょいお出かけの際はとても便利で、少しのお札とカードを入れて使うには最適です。私が使っているのを見て、便利なのがわかったようで、私が母に合う赤い色のをプレゼントすることにしました。それが今回の購入です。そうしたら、子供も私のを欲しがったので、これもプレゼントしました。学食用にお金を持たせるには最適のサイズと機能です。これで私も別の種類を買えることに…。またココマイスターさんの前から気になってたのを購入しちゃいました。届くのが楽しみです。(公式サイトより)

男性:30代(東京都)私用5.0

購入して5ヶ月。ロウがほぼ取れた状態になりました。当初の想定よりも落ち着きのある、味ある色合いになっています。ちょっとしたお出掛け時には、免許証やカードを挿して、単体で持ち歩けます。キーケースにここまでお金を掛けるか迷っていましたが、店舗で実物を手に取り決心しました。買って良かったです。前に使ってたキーケースは10年ほど使用しましたので、今回もそれくらい使う前提で考えると高価な買い物でもないと思えました。(公式サイトより)

ザオークバークヴァリアントを購入して1年ちょっと経ちました。この商品を選んだきっかけは車のスマートキーが収納出来るところと、オークバークというココマイスターでしか取り扱いがない希少性からでした。使用して2ヶ月位で表面のブルームはとれていい感じに艶が出てきました。1年経ち大分革が柔らかくしなやかになってきたように感じます。コバの部分が若干剥がれてきましたが、革そのものは比較的傷に強い気がします。おすすめできる商品だと思います。注文から発送までとても迅速で梱包も丁寧です。男性:40代奈良県(公式サイトより)

今まで4連のキーケースを使用していましたが、車のキーが入らず外側に付けていましたが、やはり内側に収納させたくて今回新調することにしました。革製品はココマイスターと決めているのでネットにて詮索していたところ、五連で網目模様のこのザオークバークヴァリアントに一目惚れし、実店舗に行かせてもらいました。色でかなり迷いましたが納得するまで担当者が嫌な顔1つせずに待っていただいたおかげで、結局染色していない自然色のイングリッシュオークにしました。キーケースにしては少し高価なものなのでやはり実店舗に行き納得して購入したことは良かったと思います。長く大切に使っていきたいと思います。男性:40代(公式サイトより)

評判まとめ

リアルユーザーの評判を見てみると、イントレチャートのデザインに一目ぼれする人、クオリティに感動している人が多いですね。以前に違うアイテムを購入して気に入ったので、改めて購入するリピーターも多いようです。知人、友人などにプレゼントで購入する人も多いです。

オークバークレザーのクオリティや見た目、使用感に満足しているユーザーが多いという事ですね!

こちらの記事では、30代の夫へのクリスマスプレゼントにおすすめのキーケースを厳選して紹介してみました。ハイクオリティでカッコいいキーケースなのでぜひご覧ください!

ディティール

ザオークバーク・ヴァリアント

『鍵』って本当に大切です。その昔、私が一人暮らしをしているときに、自宅の鍵を無くして本当に困ったことがありました。(鍵の110に来てもらい交換に2万円くらいかかった・・・)

当時は若くてキーケースを使っていなかったんですが、その出来事以降、キーケースを買ってその中に鍵をしまうことにしたんです。その後は、現在に至るまで1度も鍵はなくしていないですし、キーケースごと無くすこともしていません。会社の鍵とかを無くしたら、それこそですよね。それだけ『鍵』って大事なアイテムだから、良いキーケースにしまいましょう。

キーリング×5

ザオークバーク・ヴァリアント

キーリングは5つ。一番左は長さを長く取ってあるので、他の鍵と重ならないで収納することができます。車の鍵(スマートキー)、自宅の鍵、職場の鍵などを取り付けられますね。

カードポケット×2

ザオークバーク・ヴァリアント

ザオークバーク・ヴァリアント

キーリングの後ろはカードポケットにもなっていますし、外側にも1つあり合計2つ。キーケースというアイテム的に重要なカード類は収納しない方がよいでしょう。

フリーポケット×2

ザオークバーク・ヴァリアント

開いた左右にフリーポケットがそれぞれあります。そんなに深くないので、重要な物は落とす可能性があるので止めましょう。絆創膏とか忘れないように書いたメモなどを入れて置くのが良いかもしれません。

こちらの記事では、ココマイスターのキーケースをランキング形式で紹介してみました。使える、おしゃれなキーケースが揃っているのでぜひご覧ください!

厚さ2.4㎝

ザオークバーク・ヴァリアント

厚さは2.4㎝と厚いですが、ジャケットのポケット、ビジネス鞄の中に場所を取ることなく仕舞えます。手に収まるサイズ感が男性におすすめ!

コバ

ザオークバーク・ヴァリアント

キーケースのクオリティーの良し悪しを見分けるポイントの一つに『コバ』があります。
日本の職人が何回も磨きあげ、そして塗り直すという過程を繰り返すことによって美しい『コバ』が作られます。

1回塗ったら乾かすために1日置いて、そして磨き上げる。そしてまた塗って・・。という手間と時間をかけており、職人の経験によって培われてきた技術があるからこそ、これほどに美しい『コバ』が作られるのです。機械では無理ですね。

ココマイスターのコバ処理:革の切れ端を薬品で引き締め、磨くという工程を何回か繰り返す。レザーを乾燥させる必要があるため手間がかかるが、自然な仕上がりになる。職人の技術力の差が出る部分でもある。

ロゴ

ザオークバーク・ヴァリアント

オークバークシリーズオリジナルのロゴも入っていてカッコいい!

サイズ

ザオークバーク・ヴァリアント

ザオークバーク・ヴァリアント

外寸縦11.1㎝×横6.8㎝×厚さ2.4㎝(日本製)
開いた時のマチ幅19.7㎝
ポケットキーリング×5/カードポケット×2/フリーポケット×2
素材本体:オークバーク、内装:オークバーク・ヌメ革
重さ60g

サイズ感ですが、ジャケットのポケットに入れても大丈夫ですし、手の平に収まるサイズ感ですね。厚さは2.4 ㎝と一般的なので小さな鞄にも入れやすいです!!

重さ60gは手に持ちやすい重さなので、鞄に入れても重さを感じません!キーリングも5つあるので、自宅の鍵、職場の鍵、車の鍵などを付けられます。

こちらの記事では、同じオークバークレザーを使ったキーケース『オークバーク・ボールドウィン』を紹介してみました。ベーシックタイプのキーケースなのでぜひご覧ください!

5色のカラー

ブラックリーフイングリッシュオークワインバレルオークネイビーオイルブラウン
ザオークバーク・ヴァリアントザオークバーク・ヴァリアントザオークバーク・ヴァリアントザオークバーク・ヴァリアントザオークバーク・ヴァリアント

ザオークバーク5色

カラーは全部で5色。

  • ブラックリーフ
  • イングリッシュオーク
  • ワインバレル
  • オークネイビー
  • オイルブラウン

になります。

塗りこんであるオイルの量によって濃淡の色の違いをだしているんですね。

実際に手にとって見るとわかるのですが、思っている以上に革素材に染み込んでいる油の感触があります。オークの木から作られているので、もっと乾燥した手触りだと思っていたのですが全く違いました。この油の感じは、まさに『本革製品』っていう感触でGoodですね。

黒系の財布ってメンズに人気があるからブラックリーフはマジでおすすめです。

こちらの記事では、外装にスペイン産のヌバックレザー、内装にオークバークレザーを使ったキーケース『グッドオールド・フォールドキーケース』を紹介してみました。ぜひご覧ください!

オークバークレザーとは

ザオークバーク・デヴァステーション

オークバークレザーとは、イギリスのオークの木の樹皮を使い牛革が鞣され生産されているレザーです。

オークの木を伐採後、乾燥させ細かく砕いた後、皮の原皮とミルフィーユ状に重ね、オークの木の樹皮から出るタンニンにより、時間をかけてタンニン鞣しを行います。この樹皮から出たタンニンの色味が、そのまま革に移り天然かつ魅力的な色へと変貌していきます。

しかし、生産にはコストが非常にかかるので、作られる数量が限られており、昔から生産していたタンナーもオークバークレザーの生産を止めようと考えていたところを、ココマイスターのバイヤーが生産を依頼し取り扱うことで、生産を止めることなく今日まで至っているのです。紀元前からの伝統が守れたってことなんですね!

その功績が評価され、英国王室へ製品を謹呈する事が出来ました。第2代ケント公爵エドワード王子へ、英国タンナーの中で最も芸術的な革製品として、ココマイスターのオークバーク・ウェスターリーが謹呈されたんです!

レザーの生産量は極めて少ないのに、内側にもオークバークレザーが使われているので、希少価値がある革製品となっています。

オークバークの日本語訳は『オークの樹皮』になり、その名の通りにオークの樹皮を使って牛革を鞣して生産されています。つまり、牛革と牛革の間にオークの樹皮を挟み、濃いタンニンの成分に浸すという工程を繰り返して、このレザーは生産されています。*『オークの木』自体はブナ科コナラ属になります。

経年変化

ザオークバーク・ヴァリアント

オークバークレザーは経年変化も楽しめます。編み込んでいるのでグラデーションする経年変化は圧巻!使えば使うほど自分なりの経年変化をしていきますし、世界で唯一のキーケースに経年変化します。

殆どの人が鞄に入れて使うと思うんですが、そうすると四隅に一番最初に『あたり』が出てきますし、一番経年変化する個所でもあります。その変化が人それぞれで、その人の使い方というか、性格っていうのがそのまんま表れる個所でもあるんです。

そうなれば、愛着が湧きすぎて、もう手放せなくなること間違いありません!新しいアイテムを買う気持ちも起きないかも。

その為には手入れをしっかりして使うことをおすすめします。

手入れ方法

手入れ

オークバークレザーのお手入れ方法を解説します。高いお金を出して購入したので、しっかりと手入れをして長く愛用したいですよね。

まず、購入当初は革の表面にブルームと呼ばれるロウが出ているので、綺麗な布で乾拭きして汚れを落とすだけでOKです。ロウが無くなるまでクリームなどを使う必要はありません。

ロウが無くなってきたらケア専用の『コロニル シュプリームクリーム』を2週間に1回程度塗るといいでしょう。(1回の使用量は米粒1粒程度の量)革製品専用の『防水スプレー』でコーティングすると汚れが付きにくくなります。

使用前は端でバッチテストすることをお忘れなく。

まとめ

今回はイギリス産の伝統ある製法で生産されているオークバークレザーを使ったキーケース『ザオークバーク・ヴァリアント』の

  • 評判
  • ディティール
  • 価格
  • ブラックリーフ・イングリッシュオーク・ワインバレル・オークネイビー・オイルブラウンのカラー
  • オークバークレザー
  • 経年変化
  • 手入れ方法

について詳しく解説してみました。

見た目も上品なキーケースは機能性も優れていて、車の鍵も付けれます!ハイクラスが似合う男性におすすめなので、この新時代のキーケースを使いこなしましょう!

タイトルとURLをコピーしました