評判良い!おすすめパスケース【コードバンクラシック フェアプレイ】

4.0
スポンサーリンク
ココマイスター

こんにちは。『新時代の財布』編集部です。

今回はココマイスター(cocomeister)のコードバンクラシックの中から、クラシックテイストのパスケース『コードバンクラシック フェアプレイ』を紹介します。

毎日の通勤に使えるビジネスマンのために作られたパスケースですね!

コードバンクラシック フェアプレイ

コードバンクラシック フェアプレイ

クラシックブラッククラシックボルドー
コードバンクラシック フェアプレイのクラシックブラックコードバンクラシック フェアプレイのクラシックボルドー
値段24,000円(税込)
クラシックブラック・クラシックボルドー
外寸縦7.4cm×横10.8cm×厚さ1.1cm(日本製)
開いたときのマチ15cm
ポケットカードポケット×3
素材本体:ロウ引きコードバン、内装:アマンデルレザー
重さ37g

写真をみてもわかるとおりに、ベーシックで大人の雰囲気を醸し出しています。重厚かつベーシックタイプのパスケースは、毎日の通勤のハード使いにも耐えれるアイテム。

『コードバンクラシック フェアプレイ』はまさにそんなパスケース。 見た目がシンプルな分、日本製のロウ引きコードバンレザーの高級な質感だったり、職人の丁寧な仕事などが直に感じる事ができるメイド イン ジャパンのパスケースなんですね。

今回使われているロウ引きコードバンは、日本製の最高級コードバン。馬具革をイメージしたロウ仕上げで、コードバン本来の硬質な上質感を感じとれますし、ロウ仕上げなので使うことで磨かれ光沢がより輝く仕様になっています。

このコードバンレザーなら最高のコードバンパスケースと言っても言い過ぎではありません!

コードバンクラシック フェアプレイをココマイスターのサイトで見る

評判ってどうなの?

まずは気になる『コードバンクラシック フェアプレイ』の評判・口コミを紹介します。購入したユーザーの評価って一番気になるし、正直な感想が書かれていますからね。

男性:20代(宮城県)私用5.0

コードバンシリーズが最も好きなので、パスケースも揃いにしました。毎日使用するものにこそ、拘りたいですね。いつも迅速な対応ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。素晴らしい商品です。(公式サイトより)

男性:40代(埼玉県)私用5.0

免許証入れとして購入しました。色はブラックです。シェルコードバンとは違うコートバンクラッシックというコードバンとのことで、その違うを確認する為に、銀座店にお電話しました。このコードバンクラシックで製造されたパスケースは、エイジングした時の輝きがとても美しいですよ!の一言で、購入を決めました。商品が届き、パスケースに触れた瞬間、なんと滑らかな手触りなんだろうと感動しました。 シェルコードバンのパスケースも持っていましたが、パスケースは、どちらかというと、ブライドルシリーズがお薦めです。理由は、エイジングする素材は、名刺の四隅が黒くなるんですよね。だから、迷ったのですが、パスケースはむしろ、コードバンクラシックをお薦めします。銀座店の女性スタッフでした。商品知識、革の知識が豊富で、話を聞いているうちに、商品選択ができました。感謝です。(公式サイトより)

男性:30代(東京都)私用5.0

自由が丘店にしか伺った事がありませんが、どの方も接客がとても良く知識もある為的確なアドバイスを下さります。細かい違いやそれぞれの皮の特徴も教えて下さり、その時間もとても楽しいです。どの色を購入するかで悩んでいる際も相談に乗って頂きとても助かりました。ココマイスター のアイテムが増える度にワクワクします。これからも少しずつ自分へのプレゼントや大切な人へのプレゼントでココマイスター を選びたいと思います。(公式サイトより)

口コミ評判まとめ

『コードバンクラシック フェアプレイ』の評判を見てみるとビジネスマンの方が買う傾向があるようですね。コードバンレザーが好きな人にとっては、「外せない!」アイテムになりそうです。財布も小銭入れも名刺入れもコードバンで揃えて、さらにパスケースまでコードバンで揃える人も!長く使えて経年変化も楽しめるのが好評です

コードバンクラシック フェアプレイをココマイスターのサイトで見る

ディティール

コードバンクラシック フェアプレイのパスケース
ここからは『コードバンクラシック フェアプレイ』のディティールを一つずつ紹介していきたいと思います。カードポケットが3つあり、重厚感があり光沢もあります。

カードポケット

コードバンクラシック フェアプレイのパスケース
コードバンクラシック フェアプレイのパスケース
カードは開いた半分側の2つのポケットに収納します。2つあるので名刺やポイントカード、クレジットカードを入れておくことが可能です。自分なりの使い方を楽しみましょう。
そして、メインのもう片方のポケットには定期を入れられるようになっています。IDパスケースとカード入れの使い方ができる優れものなんですね。

コバ

コードバンクラシック フェアプレイのコバ
コバはこんな感じ。綺麗にコバ処理してあり、職人技が駆使されています。厚みは1.1㎝なので厚みを感じません!

コードバンクラシック フェアプレイをココマイスターのサイトで見る

サイズ

コードバンクラシック フェアプレイのサイズ

外寸縦7.4cm×横10.8cm×厚さ1.1cm(日本製)
開いたときのマチ15cm
ポケットカードポケット×3
素材本体:ロウ引きコードバン、内装:アマンデルレザー
重さ37g

『コードバンクラシック フェアプレイ』のサイズ感ですが、通常のパスケースと同じですジャケットの内ポケットにすんなり収まりますし、パンツのポケットにもすんなり入ります。もちろん鞄にも!改札を通る時にスムーズに出し入れできます。

カラー

クラシックブラッククラシックボルドー
コードバンクラシック フェアプレイのクラシックブラックコードバンクラシック フェアプレイのクラシックボルドー

『コードバンクラシック フェアプレイ』のカラーは、『クラシックブラック・クラシックボルドー』の2色展開となっています。ベーシックなパスケースに合う深みのあるカラーですし、ロウ引きコードバンの光沢や質感も楽しめるカラーに染めているので、商品としての付加価値が高くなっていますね。メンズが毎日の通勤に持つのに抵抗なく持てる2色のカラーです。

素材

パスケース『コードバンクラシック・コマンド』に使われているのは、日本製の最高級のコードバンになります。現状、コードバンの本革素材は、生産量自体が世界的にみても少なく、その上日本製となるとさらに少量生産でしかなく、入手するのが非常に困難です。(馬が成長するのには時間がかかりますからね)

最高級の本革アイテムを製造・販売している『ココマイスター』だからこそ、信頼関係を築いているタンナーに優先的に卸してもらっているのです。生産者と製造者の信頼関係があり、世に送り出すことができたコードバンパスケース『コードバンクラシック フェアプレイ』になります。コードバンをロウ仕上げしているので、使えば使うほどロウにより素材が磨かれ、光沢を増していきます。

さらに、コードバンの素材自体も柔らかく手に馴染み、しっくりとくる質感へと経年変化していきます。(最初は本当に硬いんですよね)光沢感でラクジュアリー感を演出でき、洗練された手触りを感じることができるパスケース!ハイクラスが似合う男にこそ、使いこなしてほしいですね。

コードバンクラシック・コマンドのアマンデルレザー
また、内装には、ベルギー産の最高級『アマンデルレザー』を、今回は採用しています。ベルギーの老舗タンナーから輸入し、内装の素材として使っているわけですが、外観の高級感のレベルを落とすことのないこの素材は、おしゃれな見た目を演出してくれますし、使い込んでも痛みにくい特長があります。他人には見られない内装にまで、こだわりをもち製造されていることがわかりますね。

エイジング(経年変化)

コードバンのアイテムは、人生経験を積んだ人間として深みのある男が持つとおしゃれですし、男としての深みも出してくれるカラーで染められています。

耐久性もあるので、長い期間使ってエイジング(経年変化)を楽しむことができます。最初はロウが表面に塗られていて堅いレザーですが、使い続けているうちに徐々に柔らかくなりますし、使っていると傷や汚れが当然のように付きますが、それらを楽しむのもコードバンレザーの醍醐味です。良い味になって変化していくので、ガンガン使い倒しましょう。

手入れ方法

そもそもコードバンは非常に強固な皮革です。購入当初はその硬さから『使いづらい・・・』と感じるかもしれません。

しかし、使い続けていると柔らかく馴染んで色合いや風合いなどが個性的になってきます。
購入当初は表面に白い粉(ブルーム)が付いていますが、ロウを吹き付けている為に発生するコードバン特有の現象です。このロウは、そのまま使用しても問題ありません。

気になる場合は柔らかい布で表面を優しく磨いていき、革にロウをなじませていきます。ロウが革に馴染めば、独特の光沢感を生み出し、高級感を演出します。

普段の手入れは、乾いたやわらかい布でホコリを落とします。このとき力を入れてゴシゴシとするのではなく、優しくなでるようにして拭きとります。

このような方法で手入れをしていけば、良い状態で長い期間使うことができ、個性的なエイジング(経年変化)をしていきますよ。
おすすめクリーム『コロニル シュプリームクリーム』で磨くといいでしょう。

まとめ

今回は日本製のロウ引きコードバンレザーを使ったパスケース『コードバンクラシック フェアプレイ』の

  • カードポケットなどのディティール
  • 24,000円という値段
  • 2色(クラシックブラック・クラシックボルドー)のカラー
  • ロウ引きコードバンレザーの特長
  • エイジング(経年変化)の仕方
  • 手入れ方法

などを紹介しました。
新しくパスケースを買うなら高級コードバンの『コードバンクラシック フェアプレイ』で決まりですね。
仕事を頑張るメンズに似合う最高のパスケースをもって仕事を頑張り、商談を成約させましょう。

コードバンクラシック フェアプレイをココマイスターのサイトで見る

タイトルとURLをコピーしました